The Blog

『職業アーティスト』は『仕事』ではなく『●事』
5月 22nd, 2012BLOG, 考え方sugimu 0 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『職業アーティスト』は『仕事』ではなく『●事』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
『職業アーティスト』は『仕事』ではなく『●事』音楽アーティストビジネス研究所<ABL>

アーティストという職業は何を目指すべきなのか?
仕事とは何なのか?ご質問にお答えしてみます。


□『職業アーティスト』は『仕事』ではなく『●事』である

『職業アーティスト』と言うのは、
所謂、演奏家などのミュージシャンとは異なるかなと思います。

演奏家は音楽の演奏と言うニーズがある所で
仕事をもらって生計を立てているので、
比較的、仕事として成立しやすい分野だと思います。

ただ、アーティストというのは、
自分のオリジナリティを売っているので、
ニーズは無いです。

あくまで人気者になったことがニーズになるというイメージですね。

そこを、人気者にならずとも、職業として成立させる
ということが、今後の音楽ビジネスの課題だと思っています。

それに、「ビジネス」と「仕事」は違います。

『ビジネス』は自分でコントロールし、
好きなところへ向かい、ビジョンを形にし、
好きなだけ拡大し、好きなだけ稼ぐことができるものです。

対して『仕事』は、与えられるもの、
誰かや何かに「仕える」ことで報酬をもらうものです。

アーティストはニーズが無い(必要不可欠なものではない)
のですが、逆にビジネスを作る事はできる業態だと思います。

動画の中で、勢いで話してしまった僕の知人の話しですが、
彼が良く言うのが

『仕事』ではなく『志事』だと。

志す事と書いて、『志事(しごと)』でなければ
生きる意味は無いと。

ビジネスとは『志事(しごと)』のことだと思います。

是非、志しを持って高みに挑んでください。

Leave a Reply