The Blog

宣伝の種類を知る
4月 24th, 2012BLOG, マーケティングsugimu 0 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 宣伝の種類を知る
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
宣伝の種類を知る音楽アーティストビジネス研究所<ABL>

プロモーションは、宣伝から誘引、販売までの流れを
全て仕掛けて行く事です。

宣伝だけでは知ってもらう事は出来ても、
知ってもらったあとに、どのような行動を起こしてもらうことで
購買につながるのかが不明確です。

しかし大量な宣伝で認知が上がることも事実。

では、宣伝の種類についてまとめてみます。



宣伝には4つのパターンがあります。

(1)広告
(2)パブリシティ
(3)タイアップ
(4)口コミ



広告はお金を払って媒体に宣伝してもらう事。
こちらの意図して作った広告がそのまま流されます。

パブリシティは媒体が取材をしたりして
無料で掲載してくれるもの。
こちらの意図とは関係なしで掲載されます。

タイアップは企業側との協力で
何かの商品やコンテンツを宣伝する目的で
企画にアーティストや楽曲が利用されるケースで
広く宣伝されるものに乗っかるイメージです。
費用がかからない場合、折半で行う場合、
状況や企画によって様々なケースが考えられます。

口コミはユーザー間で行われるもの。
コントロールは出来ませんが、
人の感情を汲み取って、計算してプロモーションを行う
ことも多く、最近ではネットを介した口コミが有用です。

次にそれらの宣伝を行う媒体です。



(1)テレビ
 広告→テレビCM/番組への出演
 パブリシティ→番組への出演/取材・報道
 タイアップ→CM/番組テーマ曲

(2)ラジオ
 広告→CM/楽曲の放送/番組枠
 パブリシティ→番組への出演

(3)雑誌/新聞
 広告→広告枠/
 パブリシティ→取材・インタビュー・レビュー
 タイアップ→記事寄稿

(4)インターネット
 広告→バナー/アフィリエイト
 パブリシティ→ニュース
 口コミ→ソーシャル、ブログ、メール
 タイアップ→記事寄稿・コンテンツ提供

(5)ライブ・イベント
 形式は様々なケース有り

(6)販売店
 広告→平台・試聴機・販促・インストアライブ



ざっと挙げて、音楽も流れるテレビ・ラジオの電波媒体。
情報のみの雑誌、新聞といった紙媒体。
ポータルサイトやソーシャル、メールなどの様々なデジタル媒体。
ライブ等の直接ユーザーに接触する接触媒体。
販売店などの店舗媒体。



リスナーと結びつきの持てる媒体は以上のように
たくさんあり、その掲載形式は無料や広告、企業とのタイアップなど
様々です。

こうした媒体をどのように使って行くのか、また次回書いてみます。




Leave a Reply