アーティスト公式サイトの3つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アーティスト公式サイトの3つのポイント
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
アーティスト公式サイトの3つのポイント音楽アーティストビジネス研究所<ABL>

ウェブサイトには目的と仕掛けと利便性が必要です。
今回はアーティストの公式サイトを作る上での
ポイントをご紹介します。


<ポイント1-ファンを集める基本の仕組み>

公式サイトの目的は新規顧客に対してはメール会員集め、
既存顧客に対しては情報提供となります。
その他、案件獲得など、法人に対しては特徴の訴求と問合せが重要になります。

メルマガ、facebookやブログもあるので、既存顧客への情報提供は
そこまで重要ではない時代になってきましたので、
新しいリスナーへの訴求を一番に考えても良いでしょう。

新規開拓の場合は、フリーダウンロードでメール会員を集める仕掛けがあります。
この「あみ」は必ず張っておいた方がいいです。
メディアやライブで知って、検索で来た人が、
これを機にメール登録するかもしれませんし、
友人に紹介された人が来て、登録するかもしれません。

この仕組みが無いと、二度と訪問されない可能性が高いです。
メールでつながれば、情報を渡せますますので、
メール会員獲得をサイトの目的として位置づけて良いでしょう。



<ポイント2-自分で管理ができる>

情報はスピードが重要ですし、更新管理費をかけないようにするには
自分で更新が出来た方が良いでしょう。

また、ページが増えればアクセスを増やして行く機会にもなります。

自分で簡単に、どんどんページを増やして行くには、
管理システムのあるウェブサイトがおすすめです。

wordpressや、MorvableTypeといったオープンソースであれば
そうした管理が容易に可能になります。

webページ全て、裏側の管理画面で、更新が出来る作りなのです。
それもブログ感覚でできるため、簡単です。
文章が書ければ、誰でも更新できます。

弊社のアーティストステーションもwordpressを利用した
アーティストに特化したテーマで作成するサービスなので、
同様に更新管理が自分で出来ます。

試聴音源のアップ、ライブ情報、フォトアルバム、
全て、管理画面でアーティスト本人が更新しています。

そのようなシステムをおすすめします。



<ポイント3-広がる仕組み>

ソーシャルメディアとの連携や、基本的なSEO対策など、
広がりのある工夫が施されたウェブサイトが重要だと思います。

各ページにtwitterへのリツイートボタンや、facebookへのシェア、いいねボタンなどを
設置する事で、ユーザーが自分のtwitterやfacebookに
そのページの存在を掲載してくれるようになります。

そうしたソーシャルメディアに掲載されれば、
そのユーザーのお友達にも、そのページのリンクを含む投稿を
見せることができ、新たなアクセスの獲得に繋がります。

SEO対策は現在はベーシックな対策が
施されていることが多いので、
ブログ形式(wordpressやMTなど)のシステムで制作する際は
意識する必要は少ないです。

SEOの基本は、内部構造の最適化と、外部リンクの獲得です。

検索エンジンに取って最適な構文が書いてあるサイトが好まれます。

外部リンクは徐々に増やして行く必要があるので、
ファンのブログとの相互リンク等、積極的に行うぺーじがあると良いと思います。

リクエストがあれば、技術的な面についても書いて行きます。

以上、効果的な公式サイトを作って行きましょう。

■関連サービス
アーティストステーション






コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です