CONCEPT

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - CONCEPT
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
CONCEPT音楽アーティストビジネス研究所<ABL>

音楽の解放 Free Music World.



100万人の歓声より目の前の1人の感動
組織に依存しない音楽アーティストの生き方研究所


MISSION

  • 職業、音楽アーティストの確立のため、個人アーティストに役立つ情報を届ける教育メディアを目指す
  • 意識の高いアーティストが集まる場を作り出す
  • ABLを利用して音楽で人と人・企業とアーティストを結びつける場を提供する


MESSAGE



□まだ見ぬ本物のアーティストへ

あなたが音楽を使った表現を行う理由は何でしょう? それは音楽で生計を立てるためでも、1番になるためでもありません。 形の無い空気振動、時間芸術、 音の大きさによるダイナミクス、長さによるリズム、12音の高さによる無限のメロディー、人間でしか表現できない演奏、そして湧き上がるメッセージ。音楽でしか伝える事の出来ない表現
一生をかけても、長編の小説でも、2時間の映画でも伝えきれないものを、たった8小節で伝えてしまう音楽の力。伝えた事により感動という変化を与え、それを人の心に一生刻み込み、刻み込んだ音が、世界を前へと進め、深く掘り下げ、世界を良くして行く・・・ あなたが与えた感動はたった一人の心を動かし、心が動けば人は動き出し、人が動いた事で世界は変わる 音楽を志すあなたは本物の表現者にならなければならない。その覚悟を持たなければならない。あなたが音楽を志す理由は100万人にCDを売る事じゃない 目の前の1人に感動を与える事だ。それができるアーティストが本物の音楽表現者であり、その積み重ねが表現者の活動なのだ。

□「本物の音楽表現者を絶えさせない事」それが我々の使命である

音楽を志したあなたは、音楽による表現を突き詰めて欲しい。目の前の一人の心を動かす表現に一生を費やして行くことがアーティストの仕事。優しい表現、生への表現、激しい表現、死への表現、肯定する表現、否定する表現。表現の方法は様々であっても、それが何かに貢献し、物事を動かす事が表現の使命。私はその表現者を絶えさせない事が使命だと思う。この資本主義社会において、何かの役に立ち、社会貢献につながる事でなければ価値を認められず 価値を認められなければ利益を得て活動を継続させることができない。その社会の構図に馴染めずに音楽表現を辞めてしまうアーティスト。音楽産業の組織に属し、売上貢献ができずに表現活動を辞めざるを得ないアーティスト。そんな音楽表現者を見るのは胸が痛い。私はあなたが自立し、音楽表現をし続ける環境を整えたいと思う。そして、音楽表現者が1つの仕事として認められ、 あらゆるクリエイターと同様に活動を継続させる世界を作りたい。そのためには私は悪にでもなろうと思う。

□音楽表現による人間活動の根底にある感動の循環を作り出す事

全ての人間活動は人類の発展・幸福に向かいます。そのために人間は事を起こします。それを成すには人が動き出す事です。そして人が動き出す原動力は感情の変化が必要です。感情が動き、人が行動し、世界は変わるのです。感情は、恐怖・不安・お金・希望・様々なもので動きます。しかし心から感情が動く事。それは「感動」に他なりません。感動は体験・言葉・表現といった目に見えないものから創出され、その1つを担うのが音楽表現だと考えます。音楽表現とは感動を生み出し、間接的に世界を発展させる事に繋がる明るい未来を生み出す重要なファクターです。しかし、音楽産業の発展により、感動の創出と利益の追求を両軸で行う事が難しくなって来た面があります。我々はその矛盾を解消し、職業「音楽アーティスト」を成立させ、音楽表現による感動の循環を適正規模で行う環境づくりを目指して行きます。

2011年8月吉日
ABL主宰 杉村隆 拝





Profile




杉村 隆  Takashi Sugimura


株式会社ウェブロック代表取締役
ブランディングプロデューサー・プランナー・コピーライター・デザイナー。アーティストビジネスの専門家として3000組以上の音楽アーティストへノウハウ提供。大手レコード会社にてアーティスト事業をサポート。音楽マーケティングアドバイザーとして多くの新人開発プロジェクトに携わる。企業ブランディングを中心に、SNS事業立ち上げ、イベント事業立ち上げなどプロジェクトリーダーとして活動。企業とエンターテイメントを結びつける様々なプロジェクトを展開している。


執筆内容:マーケティング・哲学・音楽ビジネス
HP:http://webrock.co.jp/
FB:http://www.facebook.com/sugimura1



□参加メンバー随時募集